書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > いち

いち

  • 2015年07月25日 (土)

DSC_0050大学の名誉教授の先生に連れられていったのが、「いち」というお店。
奈良の興福寺と猿沢の池のちょうど真南。
小さなお店。古いたたずまいながら、風情は十分。
何より、女将が良い。
歳を明かしてはいけないかもしれないが、「自称、80歳」。
お写真を掲げられないのが残念なほど、色気がある。
元林院の元芸妓。三味線の名手。
素人の私らでも聞き惚れるバチさばき。
先生、こんな店、知ってはるとは!
やっぱり、夜の奈良は、ただ事やおまへんな。