書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > うまそうな子

うまそうな子

  • 2015年09月20日 (日)

DSC_0166言葉の話です。
テレビを皆で見ていますと、家内の里・十津川の言葉だけが周りが関西弁なのに標準語になっている、なぜか?とういうのがありました。
方言で、こんな話があります。
北陸方面では、親切にしてあげたのに、「いやな、こっでした」と返ってくる。「どうもすいませんでした」という意味だそうですが、初めてなら、面食らう。
金沢では、太った子を、「うまそうな子や」と言うそうな。「丈夫そうな」という意味だそうだが、言われたほうは、びっくりする。
ただ、これらが、いまでも使われているのかどうかは知りません。
使う場合は、ご確認を。