書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > え、イノシシが!

え、イノシシが!

  • 2015年09月11日 (金)

DSC_0198憩の家病院には、少し離れたところに、「白川分院」という、長期に療養されている方々の専門病棟があります。
そこでも、毎朝夕のおつとめが、事情部講師によって勤められています。
当番で、私が行かせていただき、帰ろうとすると、ふと、玄関ロビーに、写真のような立て札を見つけました。
え、イノシシが、ここまで。
それも、家族で出てくるのか。注意の仕様がないやんか!
実際、エサを求めて出てくるようです。
しかし、山を開いてきたのは、人間様。イノシシの領域まで入ってきたのですから、イノシシからすれば、出てきたのではなく、当然のように生活しているだけなんでしょうが。