書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > ひょうたんランプ

ひょうたんランプ

  • 2015年01月18日 (日)

DSC_2057「ひょうたんランプ」と、呼んでいいのでしょうか。
今日から始まった「天理美術展」に、絵画ばかりの中で展示されているものです。
昨年も違うのが展示されていて、私は大変感動しました。
ちょうど、その方の所属の教会長さんを知っていましたので、次回展示の折にもぜひご案内を、と申していましたら、お電話をいただき、見にいかせていただきました。
製作者ご本人にもお会いし、お話もお聞きしました。
ひょうたんを種から育て,思いの大きさで収穫して、完全に乾燥させて、様々な大きさの針で、一つ一つ穴を開けて、作り上げて、中から電球で光を当てると、写真のようなすばらしいものができるのです。
仕事が終わって、小さなもの毎夜1時間で、30日かかるとのこと。
私のヘタな写真では、よくわかりません。
ぜひ、ご覧ください。27日まで。