書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > むかしの天理駅

むかしの天理駅

  • 2018年02月25日 (日)

天理駅もう終わってしまったのですが、天理文化センターで、「JR桜井線の120年」という展示会が行われていました。
奈良から桜井までのJR線を「桜井線」と呼んでいました。今は、大和まほろば線ともいうのですが、それの回顧展です。
さまざまな展示の中で、私が関心を持ったのは、ただひとつ。
むかし、といっても昭和40年に近鉄と国鉄(JR)がひとつになって総合駅になったのですが、その近鉄とJRの駅の場所がはっきりしたことでした。
JR駅については、思っていたのより、東側で、今の市民会館にあったことでした。
これは、大きな発見でした。

駄句
〇夜勤明く息子待つ朝春近し