書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > コシヒカリ

コシヒカリ

  • 2015年10月30日 (金)

DSC_033110月の詰所の秋の大祭も、無事終わりました。
で、終了後の夕食会に出てきたのが、新潟から送られてきた新米の「おにぎり」。
何よりの、ご馳走でした。
あっという間に、なくなってしまいました。
独り暮らしの信者さんは、家内特性の卵焼きといっしょに、弁当にして、ちゃっかりと持ち帰りました。
しかし、日本というのは、豊かな国ですね。
以前、コメ不足から、タイ米というのが輸入されたことがありました。
細い縦長のお米でした。
炊き立てならともかくも、冷めたら、とても食べられたものではありませんでした。
日本人であることを、ありがたいと思ったことでした。
魚、野菜、なんと抱負な国であろうかとも、思います。
なにも、本性の違うアメリカなどから、輸入などする必要などないですのに、ね。
アホウな政治をやってますよ!