書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > ジョーの寝顔

ジョーの寝顔

  • 2014年11月28日 (金)

娘がインフルエンザにかかり、急きょジョーとともに非難してきました。
娘を一室に「閉じ込め」、ジョーは爺と婆と数人が見守ることになりました。
賢い子です。様子がわかったのでしょうか、泣き叫んで母親を追うわけでもなく、元気にいてくれます。
夜は、ふたりの間に寝ます。
一度、夜中に起きて泣きましたが、私たちが子供の夜泣きで起きたのは、末娘の時以来ですから、もう20年ぶりのことでした。
そのころは、「うるさいな」と思ったのですが、今回は、ジョーの泣き声が心地良く聞こえました。
何か、不思議な感じでしたね。
DSC_1921幸い、娘も峠を越し、元気になってきましたが、留守宅は大変なことになっている様子で、私たちは、そちらの方が心配です。