書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > ストーブ

ストーブ

  • 2014年12月15日 (月)

DSC_1979詰所の食堂は、畳にすれば20畳ほどの広さがあります。
暖房機は、エアコンは使いません。ストーブです。
詰所の廊下は、外と一緒。玄関を開けるたびに寒風が入り込んできます。
それだけに、ストーブの役割は大きいのです。
そのストーブも、年限が経ち、先日とうとうつぶれてしまいました。
これから冬だというのにどうしたものか、と思っておりました。
古いのをもちだして、2台の小ストーブを動かしていました。
仕方ない。思い切って買おうかと言っていましたら,末女が名乗りをあげて買ってくれました。
とにかく、新品で冬を迎えられます。
これ、またありがたいことです。