書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > フランス女性と筆

フランス女性と筆

  • 2018年01月16日 (火)

フランス人日本語の勉強のため、3週間ほど、大阪の教会にホームステイに来たフランス人女性が、天理と奈良見学にやって来ました。
「日本文化を、教えてやってほしい」と、それも1時間ほどで。
えっ、何を?「書道を」
それは無理やろ、とは思ったのですが、ひらがなを勉強している、とのことですので、「では」と,私の書室で筆を持ってもらうことにしました…。
すると、驚いたことに、ひらがなとカタカナで書いた名前を手本に書きますと、筆字で書くことができるではありませんか。
上出来です。
良いみやげになった、と喜んで帰っていきました。
私も、責任を果たすことができました。

駄句
〇書初めや仏人筆の始めなり