書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > メダカ

メダカ

  • 2017年04月24日 (月)

メダカ春が深くなってきますと、時にうるおいが恋しくなってきます。
そんな時、末女がメダカを10匹ほど買ってきました。
今は、メダカが売られる時代なのですね。
池にいけば、いくらでもいると思っていたのに。
取りに行く子供もいなくなってきたのでしょうか。
家内が手を叩きながら水槽近くに行きますと、「上がってくる」と言います。
底にいるメダカが水面近くまできて、エサを楽しみにしているというのです。
おもしろいなと思います。

駄句
〇今どきは目高一匹ん十円