書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 七五三参り

七五三参り

  • 2015年10月19日 (月)

DSC_0255奈良市内に、書道の所用で率川神社前の駐車場に車を停めた。
この神社は、1300年近くの由緒あるところで、別名「たおやめの社」と呼ばれているが、その由来は知らない。
そこでは、巫女が百合の花を持って舞う「ゆり祭」が有名である。
で、用事を済ませて、帰ろうとすると、笛の音が聞こえてきた。
何か舞っているのかと思ったが、ふと塀をみると、「七五三参り」の看板があった。
七五三など、いままで関心を持ったことなど一度もなかった。
ところが、先日家内と雑談しているとき、「ジョーも、年が明けたら、3歳やな。七五三参りかな」という話になった。
私は、してもらったことがないので、思いつかなかったが、なるほどと気が付いた。
だから、笛の音にも、気づいたのかもしれない。