書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 台湾の栞(しおり)

台湾の栞(しおり)

  • 2014年12月08日 (月)

DSC_1969書会の事務局をしてくれています大学時代の後輩が、「おみやげ」と、ものをくれました。
なんやろうと思いながら、そこでは開けず持って帰ってあけますと、ご覧のような「栞」でした。
彼が台湾に行った時、台湾故宮博物館で買ったものでした。
私もそこには2回行っていますが、おみやげは買ってきませんでしたので、こんなものが売っているのか、と知ったほどでした。
今、台湾に留学している次男は知っているのでしょうか。今度、聞いてみようと思います。
私はよく栞を使います。
そして入れたまま忘れてしまいます。
恐らく、本棚の本を一冊一冊みていくと、かなりの栞がでてくるだろうと思います。
今回いただいた栞は、大きく素敵なもので、書道辞典に挟もうと思います。
そして、古典の字が印刷された袋は、臨書(手本を見て書くこと)をしたくなるものです。
良いものをもらったと、喜んでいます。