書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 堀内佳さんの講演

堀内佳さんの講演

  • 2015年08月09日 (日)

夏の2日間、恒例の教職員の集いがありました。
DSC_0117機関誌の編集をさせていただいています関係で、今回の「教育講演」を拝聴いたしました。
堀内佳さん。名前を初めてお聞きする方です。
演題は、「今、しあわせに生きるために…」。
「全盲のミニュージシャン」ということだけは聞いていました。
講演を聞き始めて、度胆を抜かれました。
生まれる前から「目の癌」で、生後一カ月で両方の眼球を取り出す手術を受けられた、ということ。
それから次々と出てくるお話は驚くことばかり。
いじめられたこと、お母さんのこと…。
そして、間に歌われるギターの弾き語り。
素晴らしいものです。
またじっくり録音テープをお聞きしながら、編集作業を進めていきたいと思います。
今年は、堀内さんのお話も全文掲載した機関誌「なるほどのひと」は、年内には完成したいと思っています。