書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 夏休み文楽

夏休み文楽

  • 2015年07月25日 (土)

IMG_0001久々に、ご招待をいただいて、日本橋の文楽劇場へ。
一日3部構成になっていて、第一部の午前は「親子劇場」と銘打ち、子どもに分かりやすいものにされ、私らが行ったのは、夜の第三部「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)」という題の作。
細かい筋立てはともかくも、劇中、町医者が誤って「笑い薬」を飲む場面。
太夫の浄瑠璃の素晴らしかったこと。
私に表現力はありません。ほんとに良かった。
これだけでも、見に行く価値あり。
最後に、朝顔という盲芸人が、目が開くというラスト、大団円。
先刻引退した人間国宝竹本住太夫じゃないが、
「ほんに、文楽は、よろしいで!」