書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 夕日

夕日

  • 2017年04月05日 (水)

夕日ガソリンを入れて、詰所に向かい、北から南へと走っていました。
ちょうど夕日が沈みかけたところでした。
道沿いをふたりの女性の方が歩いていました。
そこに夕日が当たり、シルエットとなって、浮き上がっていました。
遠くに、生駒連山が見えていました。
あー、春がきた、春の夕日だと思いました。

駄句
〇春夕日女ふたりのシルエット