書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 天理書展

天理書展

  • 2017年04月19日 (水)

書作品作品3恒例の「天理書展」がまもなく終わりです。
今回の私の出品作は、半紙大で、松尾芭蕉の門弟の俳句に関する言葉を作品にしました。
「姿先情後」。
先ず、物事の姿をしっかり見て精神性を負うということです。
はっきり言うて、ようわかりませんが(笑)、字面がよかったので、書いてみました。

駄句
〇行く春の書作展観て立ち止まり