書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 心の達人

心の達人

  • 2015年02月21日 (土)

このブログは、私個人の、あれこれ書く欄ですが、あくまで「書芸工房ほうどう」のホームページの一部です。
IMGそこには、「心を書く」というコーナーがあり、さまざまな言葉を書いています。
それをハガキ大に印字して、詰所内に置いて、好きなように持っていってもらっています。
ある方が詰所に来られ、「心の達人」を気にいられました。
そして、「どういう意味ですか?」と質問されました。
「釣りの達人」というのは、どんな棹を持っても、どんな海川でも、どんな魚でも釣り上げる人です。「話術の達人」と言われれば、どんな話でも、だれを相手にでも、いつでも巧みに話せる人でしょう。
それらと同じで、自分の心を自分でコントロールできるという人。
例えば、腹を立ててはいけないところでは腹を立てない、機嫌悪くなっても、明るい表情でいられる、という人のことです。
なかなかそういう人にはなれませんが、それを目指しましょう、とお話しました。