書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 恒例「本部おせち」

恒例「本部おせち」

  • 2018年01月06日 (土)

おせち1おせち2もう、何年ぶりでしょうか、ね。
個人で、「おせち」をいただきに行ったのは。
と思い出すのもむつかしいほど、久しぶりに、家内と参加しました。
餅は大好きでも、もうあまり食べられなくなっていましたが、やはり、おいしかった。
汁に焼きもちに、水菜。極めてシンプル。しかし、味わいは、抜群。
以前にくらべ、お餅の大きさは、半分から三分の一の食べやすい大きさになっていましたし、水菜も一口サイズになったように思いました。
なんと、5つも食べてしまいました。もっと食べたかったですが、もう入りませんでした。
そしてなにより、あちこちの会場内で「ひのきしん」して、「お餅どうですか」「水菜ありますか」と声を上げて接待してくれる「管内の高校、学生」たちの姿こそ、清々しく「おせちの名物、自慢」ですね。
思えば、私自身50年前高校生時代にしていたことであり、今も変わらない風景なのですね。
懐かしく、うれしい日でした!

駄句
〇神餅の思いあらたに祝い箸