書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 秋から冬へ

秋から冬へ

  • 2016年11月24日 (木)

DSC_0025秋の深まりと、冬の到来を最初に感じるのは、朝起きて玄関前を見たときです。
この写真はもう落ち切りかけていますが、もっと一面に落葉があるのを見たときです。
市内に行きますと、市花でもある銀杏の落葉が道いっぱいにあるときです。
あー風情があるな、と思う前に「大変だな、掃除が」と思ってしまいます。
私は寒がりですから、庭に出るのは苦手、もっぱら家内と嫁が、精を出して掃き掃除をしてくれています。ありがたいことです。
東京では、雪が降り始めたようです。
埼玉の孫が、喜んでいるでしょう!天理は雨ですが、これも雪に変わるのでしょうか。
いよいよ冬到来ですね。おー、寒む!