書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 立川談春の会

立川談春の会

  • 2015年03月18日 (水)

DSC_2291ならまちセンターでありました、今東京落語で切符が手に入らない人気実力噺家のひとり、立川談春の落語会に行ってきました。
全国25口演のひとつ。
「井戸の茶碗」と、看板ネタは「百年目」。
屈指の大阪落語といわれてもいる大ネタ。
会は、前座なしの、談春のひとり舞台。
しかし、当代の華。口ひとつで、魅了しましたね。
「百年目」は、演出も工夫され、オチも変えての名演。
たんのう、しました。
しかし、帰りがJRで、10時台なのに、最終列車でした。