書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 続き

続き

  • 2015年05月04日 (月)

DSC_2450全慶院に文枝の墓を探しに行ったのは、もう40年前。
当時お話を伺ったご住職も4年前に他界され、本堂も建て替えられ、すっかり変わっていました。
初代文枝の墓も、無縁仏から出され、子孫のMさんが墓台を新たにして、建てられていました。(写真手前)
何か、灌漑深いものがありました。
そして、共に行ったDさんと、それから何軒かの噺家の墓参りに行って、最後は、天王寺さんに。
それを通ると「新世界」。
びっくりしました。もうなん10年降りかの新世界。
全く様子が変わっていました。
以前はおっさんの町であったのが、若者の町になっていました。
そして、名物の「串焼き」。
10キロ近く歩き回っての「ビールと串カツ」の、ま、うまかったこと!