書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 菫の花

菫の花

  • 2017年04月13日 (木)

菫スミレの花は、ほんとに小さく可憐です。
詰所の北側は、近鉄線の線路沿い、ガードが続いています。
朝夕の通勤時も、人や自転車が足早に通り過ぎていきます。
そこに、この季節、菫の花が咲き誇っています。
家内が、草取りを繰り返しながら、丹精してきたものです。
私も、家内に言われて気がつきました。
明日からそばを通る方、見てください。

駄句
〇妻手入れ道端に生く菫かな