書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 落ち葉拾い

落ち葉拾い

  • 2015年11月03日 (火)

秋から冬。
その季節の移り変わりを感じるのは、落ち葉。
DSC_0345うちの詰所には、桜やモミなど、いろいろな樹が植わっています。
春になれば、桜が咲き、楽しませてくれます。
樹々が、緑になり、心慰めてくれます。
しかし、秋になれば、すっかり葉を落とし、裸になります。
「落ち葉」が毎日庭一面に広がります。あとは、その「落ち葉拾い」です。
いつもは、家内がしてくれているそれを私が、いたしました。
ふと、良寛さんの
「焚くほどに風がもて来る落ち葉かな」
という句を思い出しました。
落ち葉を集めれば、焚火をして焼き芋を焼くのでしょうが、良寛さんは、食べ物をちょっと作るほどの落ち葉の量でいいのに、風が必要以上のものを集めてくる、
となんでも、身にあった程度のものでいい、と戒めているのです。
自省ですね。