書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 行く道は…

行く道は…

  • 2014年11月21日 (金)

DSC_1880高倉健さんの死去の報道が続いています。
その中で、よく引用されているのが、座右の銘であったという
「行く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」。
ある高僧から聞いた言葉で、感銘深くしたということです。
意味は、細かいことはともかくも、人生はとにかく一生懸命自分の仕事・役割を黙々とこなし果たし、人生を終える、それで十分ではないか。そこに悔いはのこらないと、とでもいうことでしょうか。
ある方は「切に生きよ」という言葉を好んでいる人もいます。
同じような意味ですが、しかし、いずれも老境に入って感じた言葉だったでしょう。
若い人には、なかなか理解はできないのではないでしょうか。
私も、これらの言葉になるほどとは思いますが、実のところ、まだまだしっくりとはいきませんね。
まだ若い?からでしょうか。そういうことにしておきましょうか。

取り立ての大根をいただきました。あー、本格的におでんの季節になりましたね。