書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 賞状書き

賞状書き

  • 2015年12月06日 (日)

DSC_0507何の用事が、いきなり入ってくるか、わかりません!
以前この詰所から大学に通って、今では父親となっている人から、「急なお願いですが…」と電話がかかってきました。
聞けば、20枚余の賞状書きをしてくれとのこと。
彼は、県内の水泳連盟の役職にある。
名前書きだけでなく、大会名や記録まで毛筆で書かなければいけません。寸法やバランスを考えるのに、時間がかかります。
それを「1週間以内に」とのこと。え~!
「なんでも屋」の私ですから、ハイハイとお引き受けいたしました!