書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 送別の品

送別の品

  • 2015年08月17日 (月)

DSC_0131古本屋に処分しようと、書籍類の整理をしていましたら、とんでもないものがでてきました。
「何かな?」と思いながら、開けてみると、38年前私が東京の出版社を引きあげるときに、会社の人たちからいただいた「送別の言葉を寄せ書きされた下駄」でした。
その時は、開けもせず、今までそのままにしていたのでした。
ひとつずつ読んでいきますと、不思議なことに東京での出来事が昨日のことのように思い出されてきます。
すでに亡くなったとお聞きした方もいます。
だれだったかと思い出せない方もいます。
しばらく、茫然としました。