書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 酒肆 春鹿

酒肆 春鹿

  • 2015年07月15日 (水)

DSC_0017先般、出版記念会の幹事役をさせていただいたO先生から、御礼の席を、とご招待いただいた。
どこに、と思って、指定の奈良市内の店に行った。
有名な、古い店とのことだが、古い民家を改造したという、「酒肆(しゅし・居酒屋の意)」で、粋なところであった。
話題も、もうひとりとともに、豊富でほんと楽しい夕べであった。
二次会も、先生ご贔屓の、看板の出ていない小店に立ち寄ったが、三味線の伴奏もあって、こんなところは、天理にはないなと思った。
奈良からの、最終JRは、10時台。
慌てて駅舎に向かった。