書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 障がい者作品展

障がい者作品展

  • 2015年11月30日 (月)

DSC_0448「カルガモ障がい者作品展」が、市内のギャラリーで行われていました。
「カルガモ」というのは、半身に障がいがあり、車いす生活をされている女性で、川の上をヒナを連れて走るカルガモにたとえて呼ばれています。
私とは、たびたび全国を講演に付いて行ったこともある旧知の方でもあります。
専門の芸術活動は、私と同じ「書道」で、彼女の作品はもとより、様々な発表活動をされている障がいのある方の作品が多く展示されていました。
これからも、この展覧会は活発にとりおこなわれるということです。
次回は、けい子さんらにも、呼び掛けてみようかと思っています。