書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 雪前線

雪前線

  • 2016年01月21日 (木)

DSC_0600北国を襲っています大雪、その前兆かなと思う雪が天理市内にも舞いました(写真で見えますか)。
しかし、積もるまでにはいってません。
私らはいいですが、子供たちにすれば、テレビで見る雪模様は興味関心があるようですね。
大和は、昔から「生駒下ろし」と言って、寒風が激しく、雪にはならない冷たさが風土と呼ばれていました。
ですから、大雪にはならない、積もらない。
しかし、寒さは北国並みと言われてきたのです。
そんなことを思い出させてもらった、「小雪舞う一日」でした。