書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > さんま寿司

さんま寿司

  • 2014年12月27日 (土)
DSC_1991.jpg

結婚してから、さんま寿司というのを食べさせてもらっています。 家内の里、十津川は山の中ですが、それだけに、山の仕事をする人のために、日持ちがして力のつく、海のものが必要でした。 それで、つくられたのが、さんま寿司。 北から流れてきたさんまを、紀伊沖で捕ったもので作ります。 以前は100匹近く十津川から買っていましてが、今はあまり捕れず、今年は10匹ほどです。 が、家内は、小骨をせっせと取って、嬉々として仕事を進めています。 私らは、新年の卓に上るのを楽しみにしています。