書芸工房ほうどう

ほうどうの日誌 > 土門拳の本

土門拳の本

  • 2016年11月22日 (火)

一冊の書籍小包が贈られてきました。差出人は、牛尾喜道さん。
姫路にあります天理教市川分教会の前会長さん。旧知の先生です。
何が送られてきたのか、と訝りながら開けてみると、出てきたのが、ご覧の「土門拳」さんについての本。
思わず、私は感嘆の声をあげました。
土門拳さんといえば、日本を代表する写真家。
牛尾さんは、その一番弟子。「明治再見」という写真本も作られている人。
私はその本を持っていて、以前それに関してお聞きしても何も答えていただけませんでしたが、数年たって、この本を贈って下さって答えていただいたように思います。
一方の藤森武氏は、私も行ったことがあります山形県酒田市にある「土門拳記念館」の理事・学芸員であり、二番弟子。
一番と二番の弟子による、思い出集。なんとも魅力のある本を贈ってくださった。
これから、ゆっくりと、楽しみながら、読ませていただきます。IMG_0001